創業1702年(元祿十五年)より300年以上受け継がれてきた技を今に伝える
美しき瑞穂の国の銘酒「始祿」「小左衛門」。
壮大な大自然が造り出す芳醇な味とコク、キレを、どうぞお楽しみください。

 

最新情報

1...15 16 17 18 19 20  

2006年11月21日

冬の支度 大銀杏 冬の支度 大銀杏

師走来る

樹齢400年とも500年とも言われる当社の大銀杏が見事な色に輝く。 銀杏を沢山落として本格的な冬に向かって葉を染め、そして落として行く。冬はもうそこまでそっと近づいて来ているのだ。
美しい大銀杏 美しい大銀杏

2006年11月12日

美しい酒母 美しい酒母

美しい・・・

酒母(速醸)の泡は今が一番美しいです。 これからどんどん泡は黄色っぽくなり、枯らしの時期には濃い黄色でシワシワになります。美しい。 渡邉(今期から副杜氏、頭「かしら」とも呼ぶが昨年よりもたくましく見えます)が洗い物に夢中!
洗う渡邉 洗う渡邉

2006年11月9日

新ラベル POPバージョンです。 新ラベル POPバージョンです。

新酒発売

今日小左衛門初のしぼり純米を全国の酒販店様に発送しました。明日からの売り出しになります。蔵に在庫はもうありません。どうぞ酒販店さん、飲食店さんでお楽しみ下さいませ。

2006年10月31日

本格的に始動

瑞浪で収穫された山田錦を蒸しました。 芯白も中心にあり、大きく、良い蒸しが上りました。 麹室に自然放冷して運び込みました。

2006年10月24日

美濃雄町

今日は美濃雄町の郷、岐阜県の揖斐川町に行って来ました。 一言で言えば田舎ですが、水が多い町で気に入りました。素敵な山と田圃の町です。 美濃雄町は年々使用蔵が減っているとの事、雄町は難しいとの声が多いそうです。岐阜県と言えば高山地方で作られる「ひだほまれ」が有名ですが、そちらに流れる方が多いようです。 その美濃町、県外出荷はしないようです。価格も高いので迷うのですが、小左衛門美濃雄町復活を!と言う声が多いので、今年と来年は続けようと思います。

2006年10月23日

秋はどこへ

先日留萌に行きました。気温5度と雪がいつ降ってもおかしくない状況でした。瑞浪に戻ってみると暖かい。紅葉もこれからだろうか。仕込も順調には進んでいるが暖かさが心配です。

2006年10月15日

聞き酒会終了

10月9日、10日と多くの皆様に応援して頂き、 また多くのお客様が会場にお越しくださり、 聞き酒会が終了しました。 新たなご縁も頂き 嬉しく存じます。 御多忙の中、本当にありがとうございました。次は未定ですが、またどうぞ宜しく御願いします。

2006年10月2日

10月 イベント!? 案内

10月9日 町田のぱるるプラザMACHIDA 5F けやきの間でさかや栗原さんの利き酒に出品、 杜氏がブースに立ちます。 1200円 13:00-17:00 お問合せ:さから栗原:042-727-2655 10月10日 竹橋のKKRホテル 酒販店様、業務店様向け試飲会。 入場料500円 御問合せ先:弊社まで御願いします。 皆様どうぞご参加下さいませ。 弟、甘いもの好きなんでコンビニ寄ったらチョコでも差し入れてあげて下さい。なみなみ酒をついでくれると思います。

2006年9月22日

新酒の仕込み!

昨日今年の初蒸をした。 いつもの11月10日頃発売の新酒、酒母の麹を蒸した。 今年も始まった。 楽しみ、楽しみである。

2006年9月18日

最終準備

明日が今年の仕込前最終準備の日となります。 9月20日 18年度醸造の初日を迎えます。 松尾様にお参りして、初洗いです! いよいよ 仕込の開始です。
1...15 16 17 18 19 20