創業1702年(元祿十五年)より300年以上受け継がれてきた技を今に伝える
美しき瑞穂の国の銘酒「始祿」「小左衛門」。
壮大な大自然が造り出す芳醇な味とコク、キレを、どうぞお楽しみください。

 

最新情報

1 2 3 4 5 6 7 8 ...19 

2014年8月27日

復旧しました

落雷の影響により、先週末から今週頭にかけて、いろいろとご迷惑をおかけしました。 現在、電話・FAXともに復旧しています。 被害としてはパソコン何台か死亡、水道ポンプ、エアコンなど。パソコンネットワークも一時ダウンしていましたが現在はほぼ復活しています。

それにしてもなぜに蔵に落ちる… 近くに避雷針のある中部電力の高い電柱もあったというのに… ただ、お酒も人も皆無事でしたので、まずはご報告いたします。

不安定な天気が続いています。皆様もどうぞお気を付けくださいませ。

2014年8月25日

落雷

2014年8月22日(金)夕刻、雷と大雨に見舞われていましたが、蔵の変電設備に2回落雷、火があがり、消防車が来る事態になりました。

25日(月)現在、一時的にはつながったものの、電話とFAXが復旧しません。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

22日(金曜)夕方からFAXにてご注文いただいていた場合、こちらで受信できていない可能性があります。すみませんがメールでご連絡いただければと思います。info@kozaemon.jp

パソコンや水道ポンプ、エアコンなど、落雷の影響により蔵では故障が多々生じています。しばらく不便な状態が続きそうですので、ご迷惑をおかけいたします。どうぞご了承くださいませ(涙)

2014年8月6日

蔵人募集

中島醸造で一緒に小左衛門を造りませんか?
10月1日、またはその前後から一冬働ける方。 日本酒造りに興味があり、やる気のある方! 年齢、性別、国籍、経験は一切問いません。 社員候補です。 待遇などは応相談、どうぞご連絡ください。
奥が深く、他では経験できない仕事です!
TEL:0572-68-3151 中島醸造

2014年7月31日

夏真っ盛り

例年にもれず、猛暑の夏がやってきました。 多治見、土岐、瑞浪、この近辺は本当に暑い! 外を歩くと熱気にあてられふらふらします。 春先には新緑で覆われていた出荷場の大銀杏も、今は青々とした葉に加え、まだ青いぎんなんももう見られるようになりました。樹齢300年とも400年とも言われるこの銀杏の木、根がコンクリートを持ち上げるほどの力を持っています。中島醸造の名物のひとつ。お越しの際にはぜひご覧ください。色とりどりのP箱とのコントラストがきれいです。

2014年6月17日

小左衛門が紹介されています

6/15(日)付、日経新聞36面(最終頁)の下段に、小左衛門が大きく載りました! 三越と伊勢丹の合同広告ページです。 「元禄に始まる岐阜・瑞浪の蔵で、兄弟は途方に暮れていた…」 “次代を醸す”という見出しも、純米大吟醸の大きなボトル写真もインパクト大。ありがたい限りです。 掲載にあたり、丁寧に取材していただきました。WEBページのほうでより詳しく紹介されています。 どうぞご覧ください↓ http://www.imjs.jp/vol5/

2014年4月28日

もりだくさんの小左衛門商品 もりだくさんの小左衛門商品

お披露目会前半終了、後半も来てね!

2014年4月26日(土)、27日(日)の2日間、新酒お披露目会を開催しました。ぽかぽか陽気にも恵まれ、遠方から、ご近所から、多くの皆様にお越しいただき、おかげさまで大盛況となりました。まずは感謝申し上げます。

今回軽食の出店でご協力いただいているのは、有機野菜など安全にこだわった食品を提供されている地元企業、ハイランドファームさん。そして地元瑞浪の農産物直売所、きなぁた瑞浪さんの2店。自家製ソーセージ、フランクフルト、キッシュ、かぶのスープ、コーヒーなど(ハイランドファーム)、ウィンナー、ロースハムステーキ、おにぎり、寄せ豆腐、つけもの、煮物、各煮、ジャーキー(きなぁた瑞浪)といったメニュー内容です。どちらも、酒のおつまみにぴったりです。

お酒のほうは、新酒をはじめリキュールや貴醸酒など、他では飲めないようなラインナップを用意させていただきました。造りについて、お酒について、蔵人たちも皆様と話をすることができて貴重な時間となったようです。試飲だけではなく販売も行いましたので、気に入ったお酒をゆっくり選んでいただけたことと思います。

後半は5月3日(土)、4日(日)の2日間。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしています。
ハイランドファームさんの特製プレート ハイランドファームさんの特製プレート

2014年4月11日

もうすぐ皆造

今週末に皆造(かいぞう)を迎えます。 皆造とは、すべての酒を搾り終わり、酒造りが終了すること。今年も長い期間、蔵人の皆さん、お疲れ様でした!! とは言っても並行して火入れと瓶詰がまだまだ続いています。一息つけるのはもう少し先のようです。

2014年4月8日

春爛漫

ポカポカ陽気となり、桜も満開。春爛漫といったこの頃です。中庭の榎も細かな新芽をつけはじめ、全体的に淡い緑に包まれています。
お酒も新酒を続々とご案内しているのですが、量が追い付かず、出すたびに売り切れという状態です。申し訳ありません!!お花見で飲めるとよいな、と思っていた桜酒も、もう蔵には一本もなく…どこかで見かけたらぜひお買い求めくださいませ(^_^)

2014年3月27日

暖かくなりました

蔵の敷地内でもさまざまな花が咲き出しました。柳の木も新緑に彩られ、あたりが明るくなったように感じます。桜の開花まできっとあと少し。 来週末には満開の桜が楽しめそうです。 蔵ではこの時期は毎日瓶詰作業が続いています。 次々と新酒も発売になっていますので、どうぞお楽しみに!

2014年3月14日

春近し

雪の多いでした。3月半ばに入り、ここ東濃地方もようやく春らしい暖かさを感じられるようになりました。

冬の間泊まり込みで仕事をしていた蔵人たちも、あと数日で夜の仕事から解放されます。春の訪れは仕込みの終了を意味します。毎年のことですが、本当に季節と密着した仕事だなと思います。

写真は蔵の敷地内を流れる小川。昨日の雨のせいか、今日は水量が多いようです。夏の夜にはここに無数の蛍が光ります。
1 2 3 4 5 6 7 8 ...19