創業1702年(元祿十五年)より300年以上受け継がれてきた技を今に伝える
美しき瑞穂の国の銘酒「始祿」「小左衛門」。
壮大な大自然が造り出す芳醇な味とコク、キレを、どうぞお楽しみください。

 

最新情報

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ...20 

2014年4月8日

春爛漫

ポカポカ陽気となり、桜も満開。春爛漫といったこの頃です。中庭の榎も細かな新芽をつけはじめ、全体的に淡い緑に包まれています。
お酒も新酒を続々とご案内しているのですが、量が追い付かず、出すたびに売り切れという状態です。申し訳ありません!!お花見で飲めるとよいな、と思っていた桜酒も、もう蔵には一本もなく…どこかで見かけたらぜひお買い求めくださいませ(^_^)

2014年3月27日

暖かくなりました

蔵の敷地内でもさまざまな花が咲き出しました。柳の木も新緑に彩られ、あたりが明るくなったように感じます。桜の開花まできっとあと少し。 来週末には満開の桜が楽しめそうです。 蔵ではこの時期は毎日瓶詰作業が続いています。 次々と新酒も発売になっていますので、どうぞお楽しみに!

2014年3月14日

春近し

雪の多いでした。3月半ばに入り、ここ東濃地方もようやく春らしい暖かさを感じられるようになりました。

冬の間泊まり込みで仕事をしていた蔵人たちも、あと数日で夜の仕事から解放されます。春の訪れは仕込みの終了を意味します。毎年のことですが、本当に季節と密着した仕事だなと思います。

写真は蔵の敷地内を流れる小川。昨日の雨のせいか、今日は水量が多いようです。夏の夜にはここに無数の蛍が光ります。

2014年2月13日

蔵開放の鮮やかな看板です。目立つでしょ! 蔵開放の鮮やかな看板です。目立つでしょ!

蔵解放&猿子村ふれあいまつりH26.2月9日

前日に雪が多く降り心配しておりましたが、足元の悪い中遠くからお越しいただいた方もお見えになり無事に開催させていただくことができました。御礼申し上げます。また今年は蔵見学が予約制としたために、当日知らずにお越しいただいたお客様もいらっしゃり大変申し訳ないことをいたしました。改めてお詫び申し上げます。 また来年も地元も祭りと共に蔵開放を行う予定ですので是非お越しください。 また準備段階から猿子祭運営関係者の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。 それから雪かきを手伝ってくれた近隣の高校生の皆様、非常に助かりました。この場を借りてありがとね(^^) 次回近々のイベントは「新酒お披露目会」です。 4月26.27 5月3.4 と開催予定です。詳細は後日お知らせしますのでお楽しみに!
猿子祭会場入り口付近の様子です。雪がまだ・・・ 猿子祭会場入り口付近の様子です。雪がまだ・・・

2014年2月5日

もうすぐお祭り

今週の日曜日、2月9日は猿子祭り。すごくローカルなお祭りなので、たぶん地元の人たちしか知らないはず。でも、これぞ地域密着っていう感じで結構楽しいです。おいしい五平餅の店が出たり、野菜やハンドクラフトが販売されたりして。2月のこの時期のお祭りってあまりないですよね。蔵での試飲もみなさん楽しみにしてくださってます。ゆるキャラの猿もこの日はうろうろしていることでしょう。天気に恵まれることを祈ります!

2013年11月15日

中庭の榎の葉が黄色く色づき、風が吹く度にはらはらと落ちています。急に寒くなってきました。すべて落葉してしまうのも時間の問題でしょう。 伊勢湾台風(1959年)に倒れた榎の後に植えられたそうですから、樹齢は54歳というところでしょうか。樹齢300〜400年と言われる裏の銀杏の大木に比べるとまだまだ若者です。
さあ、25BYの造りも順調にスタートしています。この冬も小左衛門の挑戦にどうぞご期待ください!

2013年10月26日

芸術的お酒の会 参加者募集

2013/11/1 19:00より 鎌倉にてパウルクレー協会代表の新藤氏、料理家横田氏、銘酒地酒専門店代表掛田氏、弊社から小左衛門で、芸術、物造りのトークと御食事、お酒が楽しめます。少人数で行きますので、近い日ではありますがどうぞご参加、お申込み下さい。 芸術は多くを刺激し、また多くも芸術を刺激し、お互いに私達の生活に寄与しています。どんな想いがあって日々動いているのか、何がきっかけで大きな気付きがああたのかなど各人の御話を楽しみながらの優雅な時間を一緒に楽しみましょう。 http://www.khaju.com/event_p/klee_event.pdf

2013年10月1日

地元の有志とのコラボ企画です 地元の有志とのコラボ企画です

実践 おいしいうつわVOL.5

20131011 ◆満員御礼◆と相成りました事、ご案内させて頂きます

2013年8月8日

小左衛門ZIPPO

小左衛門のZIPPOライターが発売中です。AMAZONや楽天などのサイトで検索ください。カッコイイ!!かつ、レアものなので自慢できること間違いなし!!

2013年6月24日

1粒づつ水気を拭いています 1粒づつ水気を拭いています

梅酒漬けはすべて手作業なんです

梅酒漬けが今年もスタートしました。今週もあまり天気がよくないので洗った梅を天日で乾かすことができず扇風機で水気を飛ばしながら一粒づつ手作業で水気を拭いているところです。梅酒漬けはすべてが手作業でじっくり低温で漬け込み、貯蔵をしますので出来上がりは半年〜1年後。手間暇のかかっているリキュールなんです。 梅の甘い香りがなんともエレガントで純米酒の旨みも感じられる甘味をぐっと抑えた甘酸っぱい大人な梅酒。一度お試しあれ!!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ...20